トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の記事

リンク

ネットで流れている情報を全て鵜呑みにする事はないけど、、、以前リンクはったサイトのトップにもリンクしておきます。
面白いと感じるか、不快に感じるかは人それぞれなんかなぁ。
でも、雑学として頭に置いてても邪魔にはならない内容やと思う。
まだ、ほんの一部しか読んでないけど、すごくわかりやすい表現です。
社会問題勉強会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食事も大切だから

070426_165102 今日、ふらっと立ち寄ったBOOK OFFでみつけました(笑)。
「がんが気になる人の食事」NHK出版から出てるみたいです。
「がん」じゃなくても、簡単でおいしそうなヘルシー料理本として使える。
低カロリーなのでダイエットでもいけそうやん♪

仕事辞めて暇になってるので、ちょこっと食べ物のお勉強もしてます。
添加物とかも気になるしね。
元々、食事に関してはそんなに不摂生じゃなかったと思うんやけどね。
インスタント食品はなるべく食べないようにしてるし、味付けも薄めやし。。。
やっぱりタバコが悪かったかなぁ。。。
タバコ吸わない家族は健康そのものやもんねぇ。。。

この本によると、1/3は食事が原因らしい。
脂肪の取りすぎは、がんの成長を促進するそうな。。。
で、30%はたばこが原因なんだってぇ。
「がん」ってわかる直前にタバコ止めたんやけど、すでに遅かったねぇ。
食塩の取り過ぎ、野菜不足、アルコールなんかも原因だそうです。
あとは、添加物や残留農薬なんかも気をつけないとダメ~。

口から栄養とって生きてってるわけやから、ちゃんとした物を食べなあかんってわけ。
ガソリンに砂糖が混じってたらエンジンだっていかれるもんね。
キレる子どもの原因も食事って言われてるよね。。。

まぁ、だからといってあんまり神経質になるのはよくないので、ほどほどに楽しむ程度にしないと~。
ストレスもがんの原因の一つだからね。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

循環器内科へ

心電図がおかしいという事で、今日は循環器内科へ行きました。
循環器って何をするのかなぁ???って思ったりしててんけど、普通に血圧測って、聴診器あてただけやった。
特に異常はないという事なので、一安心(*'‐'*) 。
念のため、入院する日に心エコーだけ取っておきましょう。との事。
おぉぉぉ、病院は検査好きって言われたけど、ほんまやったなぁ。って妙な感動。。。
今日は気持ちに余裕があるなぁ。

内科の待ち時間は急患があったから、かなり長かったんやけど、婦人科と雰囲気が違って楽しい。
誰彼かまわずしゃべりかけるお婆ちゃんがおったり。。。
婦人科はねぇ、、、産科と一緒なのが辛いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手術

いろいろと相談している人に「0期のがんは手術の必要はないんだよ。」と言われた。
ほうっておいてもほとんどは自然に治るらしい。
でもね、0期とは言え、お医者さんから<がんです>って言われたら、ほうっておく勇気なんて出なかった。。。
手術以外の方法はないみたいに言うし。
医学の知識なんて全くないしさ。
ほうっておいて手遅れになったらって考えるとやっぱりイヤやん。

でも、手術の必要はないんかな?とも思うサイトをみつけた。
社会の問題点をあげてるサイト
興味深い内容いっぱいやし、ちょっと、勉強にもなるよ。
<子宮ガン>の検索でここにやってきた人や、興味のある人はここからどうぞ
情報の一つです。

で、、、私は手術を受けるけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと動くとしんどくなる。。。
素直やから暗示にかかりやすいみたい。。。

医者の話は話半分で聞く方がいいらしい。
医者は万一の事を話す事が多いから。。。
ストレスはあかんから、ゆっくりした気分で毎日を過ごそう。
それと、きのこはがんを抑制するらしい。
毎日食べてるから、がん細胞減ってるかもよ~(笑)

知人に「自分なら取り乱してしまう。強いなぁ。」って言われた。
そんな事ないわ。。。
強がって自分を守ってやらないと、次、立ち上がるのに苦労するのが自分でわかってるからやんなぁ。。。
でも、長~くなってきて、自分を保つのちょっとしんどい時があるなぁ。

でも、マイお守りに守られてるからまだまだ頑張れるはず。
だぁってぇ、どうって事ないらしいでぇ

確認するために、ちょっと、つぶやいたりなんかした。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病院

今日、病院行ってきました。
手術は円錐切除でお願いしてきました。

円錐切除は子どもを希望する患者に対する処置で、今後、妊娠、出産を希望しない患者には、原則、子宮摘出の処置を行うのだそう。。。
じゃ、最初から選択なんかなしにすればいいやんなぁ。。。
円錐切除だと出血も多くなる危険があると言われました。
手術する前にそんな事を言われたら不安になるやん。。。

おまけに、生理と重なりそうなので入院、手術延期です。
<生理と重なりそう>ってのは、こっちから申告。
ピルでもあるのかなぁ?って思ってんけど、生理は避けましょうって。。。
前回に手術の日程の話した時は、注意事項で何も言わなかったのに。
大丈夫???って思ってくるやんなぁ。

心電図もひっかかってるので、循環器系の検査を受けないとだめって言われた。。。
うげぇ、帰り道にかなりブルーがやってきたよ。。。

でも、ちょっと元気になってからよくよく考えてみると、手術の日が延びたから5月5日の磔磔くらいは行けるんじゃないか??? ( ̄个 ̄) フォッフォッフォ
もしかして、これってついてるんじゃないのぉ!?ってね (#^ー°)v

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ちょっと、遡ってvol.6

そうそう食事行く前に、もう一回心電図だけ受けるように言われた。

で、手術をどっちにするか相談。。。ったって、もう少し調べたりする時間がほしいよなぁ。
手術の日にちは、24日だと術式を決めておかないといけないので、5月8日にする事にした。
そしたら、術式も調べたりして考えられるしね。

で、あともう一つ。
入院のお部屋もできれば決めてって言われたんやった。
差額なしの4人部屋にするか、差額4000円/日の2人部屋か、差額10000円/日の個室か…。

うーん、やっぱりいっぺんに決められへんよ。。。

昼過ぎて、診察室へ。
心電図がやっぱり変らしい。。。間隔が長過ぎるんだって。。。
今まで、心電図で引っかかった事ありますか?って聞かれた。
ないねんけどなぁ。。。年のせいやろか???

「術式と日程は決まりましたか?」
「少し調べて納得してから手術を受けたいので、日程は5月8日にします。」
という事で病院から帰ってきました。

こういう時ってやっぱりネットは便利やわぁ。
専門用語ばっかりの難しい本じゃチンプンカンプンになるけど、体験者の記録とかはすごく参考になるし、親近感も湧くし(勝手に親近感をわかせられても困るよなぁ。。。(笑))、何より勇気づけられるわ。

で、この一週間程は、いろいろ調べたり、相談したり、アドバイス受けたりしました。
でも、最終的に決定権を持ってるのは自分なんやけどね。
期日は明日。心は決まったかなぁ~。

なんかさぁ、こう選択する事がいっぱいあると、犬井ひろしが降臨したりするんやけど。。。
手術の日を~、早めの4月24日にするのか~、ゴールデンウィーク明けの5月8日にするのか~、5月8日やったら、こっそり磔磔のライブに行けるかもしれへんし~とか考えてるかもしれへんねんけどぉ。。。どっちにするんかは自由だぁ~!!ってさ。。。
さすがにギターは持ってないけど、、、久しぶりに自由のブルースでも弾いちゃおうか?
曲ためて、快気ライブで披露するとか。。。SE用に録音したりして~。
(このネタは、ひとりごとに書けばよかったなぁ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと、遡ってvol.5

で、MRIの結果を聞きに病院に行きました。
断面図をちらっと見たけど、MRI、CTについての説明は特になく(異常はなかったという事で)、手術の話へ。

ここで、子宮頸がんの上皮内がんと言われました。
進行は0期という事でした。
ここまでは、がんの疑いがあるとしか言われてなかったんよなぁ。

「今後、子どもを希望しますか?」とまず聞かれました。
(子宮取っちゃっていい?って事ね)
「子どもは希望していないけど、できなくなるという事には抵抗と不安があります。」という事を伝えました。
「たとえ子宮を取っても卵巣は残すので、女らしさが消えたり更年期障害が出たりという事はありません。」と説明を受ける。

「子どもが欲しいなら、子宮を残してがんの部分を切る円錐切除という方法になります。ただ、この方法ですと、がんの部分が残っていて再発したり、再度がんになってしまったりする可能性があります。」
との事。

       子宮摘出     円錐切除
手術時間 1~2時間     30分程度 
入院期間 2~3週間     1週間

子宮摘出だと、開腹手術になるので内臓の癒着の恐れ、輸血の心配などあり。
子宮を取ってしまうので、再発や体がんになる事はない。
円錐切除だと、再発の可能性がある。

そんな感じかなぁ。
「手術はどっちにされますか?」と聞かれました。
「どっちにする?」って…、まさに、ライフカードの「どうする、俺?」状態やん。
続きはWebってか?

手術の日程も4月24日か、5月8日のどちらにしましょうか???って…。
その場ですぐに、決めれないのは、決断力が鈍くなってる???
みんな即決できるんやろか?って妙な事にが気になってきてるぞぉ。

「すみません、すぐには決めれません。」
「そうですね。じゃ、お昼ご飯の後にもう一度お話しましょう。その間にできれば家族ともご相談してみて下さい。」
自分の体の事やのに、自分一人で決められないなんて、、、なぁんか、情けないヤツになってるよぉ。
かっこわるぅ…。       

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ちょっと、遡ってvol.4

結果が出るまでは、やっぱり少しナーバスになるよね。。。
元気出せ自分!!って思いながらもダメかもしれない。。。とかさぁ。。。
でも、元気づけてくれる人がいたから、底まで落ち込んで自棄になる事もなかったよなぁ。
この時に、「大丈夫?」と聞かずに「大丈夫やから!」って言ってくれた言葉にパワーをすごく感じてん。
こういうのって微妙な言葉で、そう親しくない人やむかつく人に言われたら、「おまえに何がわかるねん!!」ってなるんやろけど。。。

いろんな人から暖かい励ましのお言葉をいただいてるんやから、とりあえず、体裁だけでも頑張らなきゃかっこ悪いよな。って思ってくる。
で、単純やから体裁を整えてるうちに気持ちも結構ええ感じになってくるんよなぁ。

そりゃあ、一人で深く考えすぎて涙する事もあるねんけどさ。
こんな機会なんて滅多にないんやから、悲劇のヒロインしたくなる事もあるやん。
似合わないけどさ。

「どうやった?病院」
「結果悪くなってた。怖いよ。。。」泣き声で
「ごめんね。こんな時にそばにいてやれなくて。。。」
「ううん、大丈夫。」泣き声
「明日、帰ろうか?」
「大丈夫やから、ちゃんとお仕事して…。」
「大丈夫ちゃうやん。泣いてるやん。」
「泣いちゃって、ごめんね。」グスン
「そんな事、謝らないでよ…。」
「大丈夫、えへへ、平気やから。」無理して笑ってみる。
「そんな声聞いたら、こっちが大丈夫じゃないよ。やっぱり明日帰る。」
「ムリしないで…。私はほんとに大丈夫やから…。」

これ、実際の会話。(笑)
これ、絶対にかわいそうな自分たちに酔ってるって。。。
で、翌日にすっ飛んで帰ってきました。

入院中に必要な子どものご飯のストック作ったり(普段ライブで遠征する時は平気でコンビニ弁当やのにね。)、ケーキなんか焼いてみたり。

でも、手術の日が遅くなったのと、入院が思ってたより短くすみそうなので、まだ、必要はなかったなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと、遡ってvol.3

まずは、若い女医先生の問診。
あれ???何を聞かれたんやろ?
今から受ける検査の説明とかやったかな?

問診終わった後は、内診。。。
コルボ診ってのやった。
組織を取るからやろなぁ、、、激痛ではなく気持ちの悪ぅい痛さがあった。
ネットで調べてみると、あんまり痛くないとか、子宮は痛みを感じないとか書いてるけど、、、麻酔なしで肉片取るんやから、やっぱり涙が出るほど痛いし気持ち悪いわ。。。
気分が悪くなったら言って下さい。って先生も前もって言ってくれてたし。
ウルウルしながら一生懸命耐えたけどね。。。

で、コルボ診で撮ったがんと思われる所の写真を見せられた。
内診の結果、手術が必要と告げられる。
がんの浸潤がどこまで達しているかで手術の内容が変わると言われた。
何か聞きたい事はありませんか?と言われたので、入院の期間を聞いたんやけど、、、この時の話では、簡単な手術だと入院は2~3週間、大掛かりな手術だと1ヶ月以上との事。(_□_;)!!
詳しく調べる為にMRIと術前検査も受ける事に。。。
この日はやっぱりライブには行けそうにない。。。ってまだ諦めてなかったんよなぁ。(笑)

術前検査で血液検査もあるねんけど、、、何本か注射器に血液をとったんやけど、最後の一本だけ血がたまらなくって困ってた。。。
やっぱり、心臓の働きが悪いからか???
止血時間を調べたりしてると、やっぱり手術するんやぁ。。。って少し思ってくる。
心電図の計測は難なくクリア~。レントゲンも一応クリア。
MRIまで時間を潰す。。。
お昼を食べてないんやけど、、、飲まず食わずじゃないとあかんから、退屈と空腹を我慢。。。

MRIの筋肉注射がちょっと痛かったんやけど、看護婦さんに「痛いね~。ごめんねぇ。」ってさすってもらったのがなぜか妙に心地よくって、看護婦さんに「痛いですぅ。」(ρ_;)ってちょっと甘えてみた。
いっぱいヨシヨシしてくれたのが嬉しくて看護婦さんにちょっともたれさせてもらった。(笑)

MRIが終わればこの日の予定は終了!
結局、この日は17時までかかってしまった。
新幹線の切符を早めにキャンセルしててよかったわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと、遡ってvol.2

電話かけて用件を伝えると、すぐに先生に変わってくれました。
「がん検診の結果なんですけど・・・」
「やっぱり、県立病院の方に行って調べてもらわないとダメな結果ですねぇ。今日、県立の先生と時間を相談して、、、こちらからまた連絡します。」
「はい、よろしくお願いします。」

夕方に病院から電話。
紹介状を持って明日の12時に県立病院の方に行って下さい。との事。
紹介状は書いておくので、明日取りに来て下さいと言われた。

で、翌日紹介状をもらいに病院へ。
封筒に入った県立の先生あての紹介状と、私あての検査の結果をもらって、県立病院へ。
この日、早く診察が済んだらのぞみで名古屋(ライブ)に行こうってまだ思ってたんよなぁ。
(⌒▽⌒;;;;;

県立病院の待合で、時間があったから、さっきもらった結果を見てみた。
細胞診の結果がⅣになってた。
げぇ~、悪くなってるやん!!聞いてないっつぅの~!
震える指でメールしたわ。(携帯の使用OKで助かった)

名前を呼ばれて診察室へ…。
若い女の先生が中にいた。看護士さんかと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと、遡って

やっぱり、「ひとりごと」の方にはなぁんか書きづらくてねぇ。。。
音空の方はもっと書けないし、、、で、他にもブログはつけてるんやけど、、、そっちは全く内容が違うし、、、なので、病気の事は独立させます。
隠すつもりはなかってんけど、興味ない人やリアルな話は聞きたくない人もおるやろうしね。
でも、肝心な事を書かないと気にもなるやんなぁ?
ひとりごとからリンクさせるから、気になる人は覗きに来てやって下さい。

ちなみにブログタイトルは大好きな怒髪天の曲のタイトルから勝手に拝借。
だって、元気が出る曲やねんもん。

ちょっと、遡って、、、
ここ最近、生理と生理の間に不正出血があってね、、、下腹も痛いし、腰痛あるし、以前受けた健康診断で子宮筋腫の疑いがあった事を思い出して(5年前)、近くの婦人科に行ってん。
病院嫌いの私がこの程度で病院に行くなんて、かなり珍しい事やったりする。(5年もほっておいてんもんなぁ。)
で、年齢もいってるから(仕方ないよなぁ…)子宮ガン検診もしておきましょうって事で、受けました。
で、一週間後その結果
細胞診でⅢbとの事。
(細胞診でⅠⅡはがんではない、ⅢaⅢbはがんの疑いがある、Ⅳは上皮内がん、Ⅴは浸潤がん)
黒に近いグレーゾーンという結果でした。
お医者さんの説明聞きながら、頭の中は⇒<がん???じゃあ、わし、近々死ぬのか???>って不安でいっぱいになるやんなぁ。
「まぁ、がんじゃないと思うけど、県立病院か大学病院の先生と相談するからもう一回詳しく調べた方がいい。」といわれた。
不安でいっぱいやったけど、暖かい言葉に救われる瞬間がいっぱいあったから、結構笑ってられたよなぁ。

女の事情もあって、後日、同じ細胞診の検査を受ける事に。
中途半端な状態ってのがなんか気持ち悪かった。
その間、周りの人たちに励まされて何度か泣いたなぁ。
結果が出る日に病院に行くと検査が手間取ってるという事で、明日、電話をかけてから出直して…と言われた。Σ(= ̄∇ ̄=ノノエーッ!!

で、次の日病院に電話すると…

~ つづく ~
なかなかええ続き方やろ?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年5月 »